星野リゾート×旅恋 記事

 第50回「星のや東京」の3密回避旅を体験してみた!(東京都・大手町)

星野リゾートでは徹底した3密回避対策、最高水準の新型コロナウイルス対策を目指すことを宣言しています。そこで安心できる滞在とはどのようなものだろうかと、「星のや東京」での滞在を体験してみました。

チェックインは客室で

まだ従来の活気が戻り切れない大手町オフィス街。「星のや東京」に伺うのは2019年のデジタルデトックス体験(記事はこちら)以来です。入り口でアルコール消毒と検温を行ない、入館。通常は各フロアにあるお茶の間ラウンジか2階ロビーラウンジでのチェックインですが、現在は客室で。さらに客室の案内もなるべくスタッフの滞在時間を短くするために必要最低限だけ。あとは書面で確認するというスタイルです。以前のフレンドリーな対応を考えるとちょっと不愛想…と感じてしまいますが現在はやむを得ないのです。

体温チェック

各フロアにあるお茶の間ラウンジはこれまで通りで、セルフでお茶やお菓子などをいただくことができますが、やはりここで寛ぐというよりは客室に持ち帰り、ゆっくり。

17時からは2階のSAKEラウンジで「おさけの夕べ」。大きな窓から街の様子を見ながら、日本酒の飲み比べを楽しみます。対面でのサービスはビニールカーテン越しに。私自身、この段階からマスクは外していました。マスクを外すとやはりリラックスできるものです。

感染対策もきっちり


銘酒の飲み比べ

夕食の前に温泉へ。浴場での3密対策は、私が訪ねた6月には温泉入り口の前に籠が置かれて、籠がないときには入場できないという人数制限システムでしたが、7月からはスマートフォンのアプリで混雑状況をひと目で確認できるようになりました。「見える化」することで客室にいながら状況が分かり安心!

独自システムで混雑状況を見える化

そしていつも清潔な浴場ですが以前にも増してどこもかしこもピカピカで、手足を伸ばしてゆっくり湯に浸りコロナ疲れを一気に吹き飛ばしました。

のんびり温泉

夕食も朝食も客室で

お待ちかねの夕食はダイニングでの個室か、客室内か選ぶことができます。個人的には断然ダイニングでのディナーが好きですが、今回はコース料理を御膳に仕立てた「星のや東京御膳」を客室でいただきます。

3種の手作りパンとスープ、重箱には前菜、サラダ、そしてメインの牛ひれ肉、デザートがコンパクトに色鮮やかに詰められ、開くたびに心が躍ります。スタッフはサービス時には手袋を使用し、料理の説明もお品書きを使い、簡単に。ただしこちらが説明を求めれば応えてくれます。

本当はもっと聞きたいんだけどなあという気持ちも残りつつ、お客とスタッフの距離感もまだ手探りの段階と感じました。また私のような話たがりの客ばかりではないので、その見極めも難しいところです。

浜田シェフの美味がコンパクトにまとまった夕食

お料理の前菜は、タプナードが利いている鰹のたたき、クリーミーな穴子のリゾット(これが一番気に入りました)、サーモンのタルタル、パテとフォアグラのシュー。メインの牛ひれは山わさびが味のアクセントになっている和のテイスト。ボリュームたっぷりで満足感がありましたが、できれば浜田シェフ自慢の魚料理とどちらか選べるといいかなあと。

大都会の真ん中でぐっすり休んだ翌日は、朝7時から剣術の所作と深呼吸を組み合わせたストレッチプログラム「めざめの朝稽古」。

前回は2階の講堂で行ないましたが、今回は換気がいい館外で。朝7時とはいえオフィスへ向かう人もあり、おまけにすっぴんの私、最初は恥ずかしくて…ですが集中し出すと周りが気にならなくなってきました。しっかり体も意識も起きて、プログラムを楽しみました。

体がのびーるストレッチ

朝食は従来通り客室で。和食か洋食を選びます。

チェックアウトは12時。それまでもう少しのんびりしていたいと後ろ髪を引かれつつ、帰路についたのですが、なんだか体が軽やかで心が晴れやかになっている自分に気づきます。

朝は和食をチョイス

3密対策、コロナ対策がしっかり施されている安心感、そして居心地のいい宿での解放感、美味しい料理の満足感。遠くに出かけなくてもこれほどリラックスできるなら、ご褒美旅で定期的に滞在を楽しんでみてもいいかも。

東京の宿に泊まるの?と思わずに、いつもの日常から少しだけ抜け出し、わずらわしさを忘れる。そんなひとときを過ごせる近場の旅が今、求められているはずです。さらに人との接触が気になる方はタクシー送迎の手配もできるので、より安心して出かけられます。

現在、新型コロナウイルス対策をしていない宿はありません。しかしその程度には、正直ばらつきがあるように感じます。安全の上での客へのもてなし。そのバランスの模索はしばらく続くかもしれませんが、まずは安心・安全が目に見える宿を選びたいものです。

 

星のや東京

客室での夕朝食付き1泊3万7200円~

(2名1室1名あたり、税・サービス料別)

星のや公式サイト:https://hoshinoya.com/

取材・文/関屋淳子