会員登録はこちら!
HOME << 夏だ! ビールを飲もう!
グルメ 記事
 夏だ! ビールを飲もう!
20160812tada01.jpg

暑いですね〜! もう朝から今夜の乾杯♪ のことしか考えられない多田です。こんな時のお出かけといえば、ビールフェス! 近年各地でビールフェスが開催されるようになり、嬉しい限りです。
昨日は、新宿の大久保公園に「ブリュセレンシス ビアフェスティバル」に行ってきました。ベルギーの小規模な地ビール醸造所が中心となって開催するビールイベントで、普段はまず飲めないような珍しい銘柄を楽しむことができます。8月14日(日)まで開催しています。

20160812tada08.jpg 20160812tada07.jpg
昨日訪れた「ブリュセレンシス ビアフェスティバル」の様子。樽生やボトルで、珍しいベルギービールを味わえます

さて、ビールフェスで特に有名なのが、ドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」。1810年からミュンヘンで開催されている世界最大のビール祭りで、毎年秋になると約650万人が訪れ、ビールとソーセージが大量消費(笑)されるイベントです。
日本でもここ10数年で、町おこしの一環などとして各地で開催されるようになり、「オクトーバーフェスト」とネットで検索すると、大規模なものから個人店主催のものまでいろいろ引っかかってきます。日本では春から秋まで、長い期間にあちこちで開催されるので、本場よりもむしろ身近にビールフェスを楽しむことができます。

今年はどこの「オクトーバーフェスト」に行こうかしら?と思っていた矢先、文字通りガッツポーズをしそうなぐらいの(超個人的ですが)ビッグニュースに遭遇。なんと多摩北部エリアで(うちの近所です、すみません)で「オクトーバーフェスト」が開催されるんです!
その名も「こだいらオクトーバーフェスト2016」。9月17日(土)・18日(日)に、西武新宿線花小金井駅から徒歩7分ほどの東部公園で開催されます。

20160812tada04.jpg
クリックすると拡大されます

本場のドイツビールはもちろん、相性抜群のソーセージやポテト、パンなどのドイツフードのほか、小平市の地ビールや地元食材を使ったドイツアレンジ料理も出品予定だそう。ステージでは本場ドイツ楽団を招いての生演奏ステージやヨーデル歌手の「ヨーデル北川桜とエーデルワイスムジカンテン」も出演(電子タバコのCMで話題になったあの方です)! 地元のゆるキャラや戦隊、サーカスも来るとのことで、ファミリーで楽しめそうです。

20160812tada02.jpg

こだいらオクトーバーフェスト実行委員会によると、小平市では花小金井駅の夏のサンバカーニバルや、小平駅の冬のイルミネーションなど、年間を通じて積極的にイベントを多数開催していますが、それでも20〜30代の若者の参加が、企画者としても来場者としても少ないのが悩みどころなのだそう。この「こだいらオクトーバーフェスト2016」を通して、もっと幅広い世代間の市民交流が生まれることも期待しているとのことでした。

20160812tada03.jpg

会場のある小平市は多摩北部エリアのほぼ中央。最寄駅の花小金井駅は新宿から急行で20分ほど、中央線武蔵小金井駅や西武池袋線東久留米駅などとバスで結ばれているので、アクセスも悪くありません。都心にお住いの方は喧騒を離れて、近隣にお住いの方はお散歩気分で、のんびりビールを味わいに来ませんか? 主催者さんとは何の関係もないですけど、多田も会場でお待ちしていますよ(笑。たぶん)♪

「こだいらオクトーバーフェスト2016」

日 時  2016年9月17日(土)・18日(日)
場 所  東京都小平市「東部公園」(西武新宿線花小金井駅から徒歩7分)
入場料  無料、ビールは600円〜、8枚綴り2400円の飲食チケットも販売

(取材・文/多田みのり)