ゲストライター 記事

 旅心を貯金しよう!~Keep on traveling,Stay safe~ 第17回 …

いよいよ都道府県をまたいでの旅が解禁されました。さあ、どこへ行こうと盛り上がる気持ちと、もう少し自粛しようかしらと迷う気持ちがいったりきたり。わくわくする次の旅への想いを心に貯めて、あたためておく「旅心貯金」。もう少し貯金してもいいし、パッと使ってしまってもいい。旅恋厳選、旅心を誘う記事をお届けします!#旅心貯金 #旅恋

今回は旅と観劇を愛するライター・TOMOKAさんがご紹介します。

 

第17回 宝塚は宝塚だけにあらず!知られざる街の魅力がいっぱい (兵庫県)

みなさんは宝塚の街を訪れたことはありますか? 宝塚市といえば、宝塚歌劇団の本拠地、宝塚大劇場が有名ですが、歴史ある温泉の街やお寺などほかにも魅力あるスポットが多くあります。

阪急宝塚駅を出て宝塚大劇場へと続くみちは、「花のみち」と呼ばれています。春には桜が満開に咲き、新緑の季節は緑が美しく、四季折々の表情を見せてくれます。「花のみち」には「歌劇の像」と親しまれている銅像があります。あの有名な宝塚歌劇の作品をモチーフにした『ベルサイユのばら』の像があり、撮影スポットにもなっています。

花のみちにある『ベルサイユのばら』の像

宝塚シティプロモーション公式インスタグラムより

 

花のみちの花舞台 アート作品のような展望台

宝塚シティプロモーション公式インスタグラムより

 

「花のみち」や宝塚駅近くには、昔からあるお店やレストランがあります。ふわふわのたまごサンドウィッチが人気で行列が絶えないショップの「ルマン」、本格イタリア料理の老舗リストランテ「アモーレ・アベーラ」などが有名です。

今年は、舞台の夢の続きを体感できるような宝塚大劇場のオフィシャルホテル「宝塚ホテル」が大劇場に隣接した場所にリニューアルし、6月21日に待望のグランドオープン!

宝塚大橋から見る宝塚大劇場

宝塚大劇場ゲート

宝塚シティプロモーション公式インスタグラムより

 

宝塚は、古くは温泉の街として知られています。宝塚歌劇団は、宝塚温泉のレジャー施設の出し物の少女歌劇から始まりました。いまでも武庫川のあたりには、「ホテル若水」や「ナチュールスパ宝塚」などの温泉宿や温浴施設があります。

 

武庫川の美しい夕景

 

大劇場の対岸には温泉宿がある

 

漫画家・手塚治虫は、生前は宝塚の街に20年住んでいました。名作漫画『リボンの騎士』は、幼少の頃に親しんだ宝塚歌劇の影響を受けていることは有名です。大劇場の近くにある「手塚治虫記念館」では、手塚アニメワールドが楽しめます。

手塚治虫記念館

 

歌劇の街であり、山や水が美しく、見どころもたくさんの宝塚市。ほかにも、千年以上の歴史を持つ清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)や中山寺といった、大変美しいお寺の観光スポットもあります。

現在は宝塚歌劇の舞台の再開が待たれるところですが、ぜひ宝塚の街への旅心を胸に、旅の計画を今後立ててみてはいかがでしょうか。

 

清荒神清澄寺

 

*営業状況の変更の場合がございます。最新情報は、各施設の公式情報をご確認ください。

 

宝塚シティプロモーション公式インスタグラムはこちら @takarazuka _city

取材・文/TOMOKA

 

宝塚大劇場での公演は7月17日(金)より再開予定