ゲストライター 記事

 世界自然遺産 ベトナム・ハロン湾1泊2日クルーズ体験! (ベトナム)

インドシナの古い伝説、龍が降り立った場所として伝わるハロン湾。ベトナム北部にある世界自然遺産のハロン湾は不思議な魅力に満ちたスポットです。ベトナムに行ったことのない方、日帰りでハロン湾をすでに訪れた方にもおすすめしたいのが、ハロン湾上に泊まってのクルーズ体験! 今回は私、世界のラグジュアリートラベルを経験してきた編集ライターのyojelinaが、ベトナム・ハロン湾1泊2日クルーズ体験の魅力をご紹介します。

龍が降り立った伝説の地・ハロン湾

中国の景勝地「桂林」にも似て「海の桂林」とも呼ばれ、数多くの奇岩や島が点在している世界でも珍しい観光地 

 

ベトナム北部にあるハロン湾は、1994年にユネスコの世界自然遺産に指定されました。昔、龍の親子が空から舞い下り、口から宝石を放ってベトナムの隣国・中国からの侵略を阻止し、その宝石が大小約2,000も存在する奇岩群に姿を変えた、という伝説が残る神秘的な地です。水の色も翡翠(ヒスイ)色のブルーといわれています。

ハロン湾は、首都ハノイから160㎞ほど離れたクアンニン省にあり、市内から約3時間かかります。往復の時間を考えると、時間があれば日帰りよりゆったりと過ごせる船上泊のクルーズプランを選びたいところ。アクティビティも満載のクルーズは、決して短い時間の乗船では体験できないことばかりです。

 

では、いよいよ船上泊のハロン湾クルーズを、体験したプランとともに、時間を追ってレポートします!

 

ハロン湾クルーズ体験・1日目

PM12:00頃 「パラダイス・エレガンス号」に乗船

クルーズ船のターミナルがあるトアンチャウ島に到着。今回は、ハロン湾クルーズのなかでも屈指の豪華客船「パラダイス・エレガンス号」に泊まる1泊2日のクルージングです。乗船はお昼頃で、ウェルカムドリンクのおもてなしを受けながら、乗船のチェックイン手続きを島にあるホテルのレセプションで行います。船内スタッフの出迎えを受けながら乗船。これから始まるクルーズへの期待が高鳴ります。

 

 レストランやバー、ブティックがあり、洗練された雰囲気のレセプション

 

PM1:00~2:30 いよいよ出発! 

パラダイス・エレガンス号

船内は、1階にフロントデスクとスパ、1~2階はキャビン(客室)、3階にダイニングとピアノ・バー、最上階には屋上デッキがあります。キャビンには、プライベートバルコニー(テラス・スイートのタイプはプライベートテラス)がついています。目の前に奇岩が浮かぶ神秘の世界が広がり、時間ともに変わる景色を眺めながらゆったりと非日常の世界に身をゆだねられます。船内の説明後は、ダイニングルームのレストランにランチが用意されます。素材が新鮮なシーフードを使ったベトナム料理や、ローカルの色鮮やかなフルーツなどが並ぶ、ビュッフェスタイルです。

キャビンからもハロン湾を眺められる。ツイン・ダブルがある。ウォーク・イン・クローゼットもあり、水上だがシャワーも快適でバスローブもある 

 

ベトナム料理やローカルフルーツもあるランチビュッフェ

 

PM2:30~3:30 圧倒的な美しさ、スンソット洞窟!

クルーズにはいろんなアクティビティが用意されています。ハロン湾には大小の鍾乳洞がありますが、そのなかでも一番美しく最大級といわれているスンソット洞窟に、途中下船して訪れます。自然の波の力で何万年もかけてできた大きな鍾乳洞のあまりの迫力に、思わず息を飲みます。広大な洞窟内を進むのは、さながら探検のよう。

 

ライトアップされた神秘的な鍾乳洞 

PM4:00~5:00 奇岩群に迫るカヤック体験!

カヤックでアドベンチャー気分を満喫!

事前予約のオプションで、水上アクティビティのカヤックが体験できます。船外のラグーンに出て、真珠の養殖場で知られる湾の奥に漕ぎだします。ハロン湾でのカヤックの醍醐味は、何といっても海底からそそり立つ巨大な奇岩群が大迫力で目の前に迫ること! 奇岩群のぎりぎりのところまで漕ぐことができ、世界自然遺産であるハロン湾の雄大で神秘的な景観に圧倒され、未体験の感動を覚えます。カヤックだからこそ、見られる景色があります。

 

PM6:00~6:45 ベトナム料理教室体験

日の出から日の入りまで、ハロン湾の絶景が見られるのも、宿泊の魅力です。宝石にもなぞらえられる大小無数の奇岩が夕陽に染まる、日没のハロン湾の静謐な美しさは、言葉を失うほど。まだサンセットの余韻が残る黄昏どきから、ハロン湾の景色を望む大型サンデッキでベトナム料理教室が始まりました。ライスペーパーを使った本格的な揚げ春巻作りのレクチャーが行われ、希望者は手を挙げて実際に参加して作ることができ、参加者には料理長のサインの入った修了書が渡されます。

 

 ハロン湾の美しいサンセット

完成後に揚げたてを試食

 

PM7:00~9:30頃 「Le Marin Restaurant(ル・マリン・レストラン)」にてディナー

夜は昼食と同じ、3階の「ル・マリン・レストラン」で、着席のディナーが用意されます。海の幸など新鮮で最高級の食材を使い、シェフがモダンなアレンジを加えたベトナム料理、フレンチ風の西洋料理のメニューを提供します。好きな皿をチョイスできる「ア・ラ・カルト ディナー」の形式なので、好みの前菜やメインを選ぶことができ、デザート、食後のお茶まで満足できるボリュームです。料理に合ったワインのセレクションも充実しています。

 

 

湾上のガストロノミー 

ベトナム料理も選べる

PM9:30以降 ゆったりとナイト・クルーズを楽しむ

ディナー後は、ピアノ・バーで音楽のライブとカクテルを楽しんだり、屋上のデッキで夜の風に吹かれながら天空の星を眺めたり、夜はゆったりと思い思いのナイト・クルーズを楽しめます。予約すればオプションで、スパサロンのマッサージも受けられます。さまざまなアクティビティで退屈することなく時間が過ぎ、就寝へ。心地よいベッドで良い夢が見られます。

1階の部屋にあるスパトリートメントルーム。心身ともにリラックスできるスウェーデン式のオイルマッサージほか、ボディやフェイシャルのメニューがある

 

ハロン湾クルーズ体験・2日目

AM6:30 日の出とともに太極拳レッスン

ハロン湾に徐々に光が満ちていく幻想的な瞬間

ハロン湾の荘厳なまでの朝の絶景を堪能できるのも、泊まりならではのクルーズの魅力。早起きをすれば、屋上デッキで開催される太極拳のレッスンに参加できます。太陽を浴びて身体を動かせば、気分も新たにリフレッシュ。朝日の情景のなかで受けるレッスンは、ストレッチも行い身体もほぐされ、精神も浄化されます。

 朝の屋上デッキで太極拳レッスン

AM7:30~AM8:30 ハロン湾最大の離島、ティートップ島

コーヒーとペストリーの軽食を取ったあと、美しい離島のティートップ島に立ち寄ります。ミニ・トレッキングやスイミングを楽しむことができ、アジアやヨーロッパからの観光客も多く訪れる、ハロン湾の代表的な観光スポットです。山頂にはハロン湾を見渡せる展望台があり、急な階段を登る観光客も大勢います。ハロン湾のなかで珍しくビーチがある島なので、ぜひ水着を持参して、泳いでみて! 休憩できるカフェや売店もあり、ビーチで遊んだり、頂上まで登って景色を楽しんだり、自由に過ごせます。

 

開放的な楽しい雰囲気の島

AM8:45~AM9:30頃 名スポット、有名な奇岩の数々

ハロン湾の奇岩は石灰岩の形が長年の間に変化したものですが、面白い形の岩山が多数あります。有名なのはベトナムの20万ドン紙幣にも印刷されている香炉のような形の「ディンフォン島(香炉島)」、映画『キングコング』が撮影されたゴリラの横顔のような「ゴリラ岩」、2羽の鳥が向き合っているようにみえる「闘鶏岩」などが有名です。朝食のビュッフェを頂きながら、これらのハロン湾のシンボルを目に焼きつけて帰路につきます。

 

(左)ディンフォン島(香炉島) (右)ゴリラ岩

 

AM10:00 下船、一路ハノイへ。

さまざまなアクティビティを体験し、エキゾティックで山水画のような世界自然遺産の眺めを満喫できた1泊2日のクルーズもとうとう終わりを迎え、チェックアウト。別れを惜しむように船長やクルーに見送られながら下船して、ハノイに戻ります。

船長もお見送り

 

ハロン湾クルーズは現地ツアーほか、ハノイ市内観光・ハロン湾クルーズを含んだツアーが各旅行会社から出ています。今回体験したのは、パラダイスグループのクルーズプランで、公式サイト(下段Information参照)には日本語もあります。フランス植民地時代の面影を残す、独特の風情がある水と緑が美しいベトナムの首都・ハノイから足を延ばして、大勢の観光客がハロン湾を訪れています。

 

ベトナムへは、日本から約6時間のフライト

ベトナムに行くなら、ベトナム航空がおすすめです。週7便・毎日運航、東京(羽田・成田)、大阪、名古屋、福岡から運航しています。日本から、たったの6時間。ベトナム航空直行便を利用すれば、日本を午前出発して(*)、昼過ぎにはベトナム・ハノイのノイバイ国際空港に到着、復路は現地を深夜出発で日本に朝到着し、現地で長くゆっくりと過ごせます。ベトナム航空CAの制服であるベトナムの伝統的な美しい民族衣装アオザイが、旅情を誘います。

*羽田発着便を除く

制服のアオザイは、完全オーダーメイドだそう!

 

<Information>

◎Paradise Cruise パラダイス・クルーズ https://www.paradisecruise.com/ja

体験プラン: Paradise Elegance(パラダイス・エレガンス号)〈1泊2日〉※記事は掲載時点の情報です。

ベトナム航空 Vietnam Airlines https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home

 

取材協力:ベトナム航空、ハノイツーリズム

取材・文・写真:yojelina(鈴木陽子)