旅恋メンバー 記事

 旅心を貯金しよう!~Keep on traveling,Stay safe~第15回 北…

緊急事態宣言が解除となりましたが、都道府県をまたいでの旅に出ることはまだもう少し、自粛したいものです。そんな今だからこそ、「旅心貯金」をしてみてはいかがでしょうか。わくわくする次の旅への想いを心に貯めて、あたためておく。旅恋厳選、旅心を誘う記事を緊急企画しました!#旅心貯金 #旅恋

 

第15回 北アルプスに囲まれた露天風呂天国「奥飛騨温泉郷」(岐阜県)

槍ヶ岳・笠ヶ岳・穂高連峰など3000m級の北アルプスに抱かれた山あいに、極上の温泉が点在する湯の里「奥飛騨温泉郷」。平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高と、穂高連峰から流れ出す蒲田川沿い15kmほどの距離にある5つの温泉の総称が、奥飛騨温泉郷です。

 

川沿いにある豪快&開放感たっぷりの立ち寄り温泉(冬季休業)

 

多くの宿が露天風呂を有しており、加えて立ち寄り温泉や足湯も多く、さらに各温泉地が所有する共同源泉のほかに自家源泉のある宿も多いため、日本でも屈指の露天風呂天国ともいわれています。特に、奥飛騨温泉郷の最奥に位置する新穂高温泉は、北アルプスの雄大なパノラマを眺めながら入浴できる豪快な露天風呂を備える旅館やペンションもあります。

源泉かけ流し貸切風呂のあるペンション

 

また、奥飛騨温泉郷の入口に位置する平湯温泉は、上高地や乗鞍、高山への観光拠点としても便利。平湯バスターミナルから歩いてすぐの場所には日帰り利用もできる温泉宿もあるので、バスの待ち時間に利用してもいいですね。

 

湯舟によって温度やにごり方が異なる日帰り温泉宿

 

さらに、奥飛騨温泉郷随一の観光スポットが、標高3000m級の北アルプスの雄大な景観に気軽に会いに行ける新穂高ロープウェイです。自慢は日本唯一の2階建てのロープウェイ。なんと、今年7月15日(予定)に新しいゴンドラがお目見えするのです!空中散歩を楽しんで、ロープウェイの終点・西穂高口駅の屋上展望台から絶景を堪能しましょう。

ロープウェイ(旧型)に乗って穂高連峰を体感

荒天時以外は年中無休なのもうれしいポイント。私自身何度か乗車していますが、特におすすめは冬。山々が真っ白に染まり、晴れた日なら青い空と白い雪のコントラストの美しさに目を奪われます。星空観賞便が運行される(予定)夏と秋、紅葉の秋、残雪の春ももちろんおススメですよ。

 新穂高ロープウェイ(7月14日までリニューアル工事のため運休)

http://shinhotaka-ropeway.jp/

文:塩見有紀子