旅恋メンバー 記事

 リゾートも民宿もあって都心から2時間! お手軽な島旅なら初島がオススメです

あっという間に初夏の陽気となり、気になるのは夏休みの旅行先。手軽に行けてのんびり過ごせるところがないかしら? というアナタにオススメなのが、熱海港からフェリーで30分の初島です。島民200人ほどの静岡県唯一の有人島で、熱海から約10キロの相模湾沖合に浮かんでいます。東京から熱海まで新幹線で50分ほどですから、乗り換え時間などを入れても2時間あれば島へ到着できちゃうんです。

熱海の海は予想以上にキレイ。海岸を歩きながら熱海港へと向かいます。駅からは歩いて30分ほどです

船の往復にはカモメが同行。スナック菓子を掲げると手から食べてくれます。イルカの群れにも遭遇し、テンションが上がりました!

まずはランチ&島内一周へ

島には宿泊施設がありますが、熱海から日帰りで島旅気分を楽しむ観光客も多く、特にランチ時には新鮮な魚介グルメが大人気。初島港からすぐの食堂街には漁師さんが営む食堂が立ち並び、初島周辺で捕れた魚介の定食や丼モノが味わえるんです。

「食堂すみ」さんのすみ丼。数量限定のことでしたが、運よく食べられました!

島のあちこちには島の案内や名所説明の看板が立ち、島内一周ハイキングをする人も多く見られます。1周は4キロほどで1時間30分もあれば戻ってこられます。

海岸線すぐそばを通る道。ベンチに座ってぼーっと海を眺めていると、心が洗われるようです

島には砂浜はなくゴロゴロ石の磯がメイン。岩場の間にはカニがちょこちょこ

江戸城修築の際の石材を切り出した跡や林芙美子の文学碑など、見所スポットには説明板が備えられています

島の一番高いところにある初島灯台。資料館が併設されており、初島の成り立ちや開発の歴史を学ぶことができます


リゾート気分が味わえる初島アイランドリゾート

今回私が宿泊したのは、ファミリーや若者グループに人気の初島アイランドリゾート内にあるリゾートヴィラ。冷暖房+床暖房、冷蔵庫完備の快適なヴィラはバルコニーを備え、グランピング風にBBQディナーを楽しむことができます。

ヴィラ同士はそこそこ離れているので、会話や視線もそれほど気になりません

ソファでくつろいだり、ハンモックに揺られたり…まるで南国リゾートに来たみたい!

自動着火なのでアウトドア初心者でも必ず火が起こせます。野菜も魚介もカット済み、下拵え済みなのであとは焼くだけ

ヴィラは、亜熱帯の植物が生い茂る“アジアンガーデン「R-Asia」”内にあるので、宿泊者は無料で入園OK。カフェやバーもあるので、自分の庭のように利用できます。お風呂は日帰り入浴施設の「島の湯」に滞在中何度でも入ることができます。

夕食の食材配達時に朝食の食材も渡されるので、朝は好きな時間に自分たちで作って食べます。ちらっと見回した限りでは、どこのヴィラでも男性が朝ごはんを作っていました(笑)。

作ってくれたんだもの、多少焦げていても文句言いません!

アクティブ派向けのアクティビティとして人気なのが、“初島アドベンチャー「SARUTOBI」”。樹上に木とロープで作られたコースを、ハーネスを付けて回るものでスリル満点! 5歳以上で身長が110cm以上あれば体験可能で、難易度によって初級コースと中級コースに分かれているので、体力に合わせて楽しむことができます。

結構高い場所を歩いていきますが、慣れてしまえば爽快感>恐怖心です

6歳の息子と40代半ばの私、双方楽しむことができるコースでした。ただし私は3日後まで筋肉痛に悩まされました…。腕力と体幹に自信のない方は、中級コースはやめておいたほうが良いと思います。

もっと小さなお子様連れなら、“アドベンチャーアイランド「VOTAN」”がおすすめ。ファミリーで楽しめる仕掛けがたくさんあるので、ぜひパパママも挑戦してみてはいかがでしょうか。

無人島に漂着した少年の不思議な冒険がテーマで、迷路や吊り橋など10種類のアスレチックがあります

漁村らしいのんびり時間を楽しむなら

BBQとアスレチックを楽しんで、アクティブな1泊島旅の帰路につこうと思ったのですが、何だか帰りたくない気分…。そこで急遽、漁協の民宿案内に電話をして民宿を紹介してもらいました。

民宿丸喜さん。漁船を保有し、釣りたての魚介類の食事に定評があります。島にはこうした民宿が8軒あります

民宿はいずれも海に近く、漁船を持っていたり、ボートダイビングを行っていたりするので、海釣りやシュノーケリング、ダイビングなどの海のアクティビティが目的なら民宿に泊まる方が便利かもしれません。料金は一律で決まっているので、ダイビングをしたい、早朝釣りがしたいなどの目的を伝えて、対応可能な民宿を漁協さんに紹介してもらうのが良いでしょう。

我が家も早速海釣りに挑戦。港の入り口にある漁協直売所で、2時間エサ付1200円で釣竿を借りられます

初島周辺の海は変化に富んだ地形で魚が多く、海釣りやダイビングの人気スポットなのだそう。実際、防波堤などから肉眼でも30cmサイズの魚影が見えました。でも釣れませんでしたけど(笑)。

夕方、夜釣りに出る漁船たち。こんなノスタルジックな景色が見られます

民宿の夕食は想像通りの海辺めし。お刺身は新鮮だし、金目の煮付けはご飯が進むし、白身フライは身が甘いし、サザエはお酒にぴったりだし、文句なし! 翌朝の朝食もザ・日本の朝ごはんといったラインナップ。アジの開きは自家製でした。

特に奇をてらったものはないけれど、素材が良いからどれも美味!

ちょっとイマドキ風にアクティブに過ごすなら初島アイランドリゾートを、ノスタルジックで緩やかな島時間を過ごすなら海辺の民宿を、と旅の気分に合わせて楽しめる初島。熱海からの2泊目にもオススメですよ。

初島公式ページ http://www.hatsushima.jp/

初島アイランドリゾート https://www.pica-resort.jp/hatsushima/

(文/多田みのり)