会員登録はこちら!
HOME << スペシャル企画 << 女将の笑顔に癒され、房総の幸を満喫する宿「宿 中屋」
スペシャル企画 記事
 女将の笑顔に癒され、房総の幸を満喫する宿「宿 中屋」

宿 中屋 (千葉県天津小湊温泉)


20170327_1.JPG

海を見晴らすラウンジ


千葉県、鴨川の城崎海岸沿いに立つ「宿 中屋」。エントランスには季節の花が飾られ、ロビーに入るとお香の香りがただよい、上品で落ち着いた雰囲気に溢れています。そして出迎えてくれるのは女将の中田淳子さん。房総の太陽に負けないほどの明るい笑顔が印象的な方です。この宿は160余年の歴史を刻み、淳子さんは宿の娘として生まれました。「どんなお客様も大切にすること。特に初めてお越しの方はなおさら、嫌な思いをして帰してはいけないというのが、代々の教えです」と話します。経営が厳しい時もありましたが、平成14年に敷地内で待望の温泉が湧出。自然からの素晴らしい贈り物を手に、宿の魅力をプラスしていきました。「旅をするときは、だれでも幸せな気分ですよね。その楽しい気持ちを壊さないように、そしてさらに喜んで帰っていただくために、全力投球です。この宿がお客様にとって心から寛げる家庭のようだと感じていただきたいですね」女将の想いはスタッフ全員に伝わり、どこにいても居心地のいい空気が流れています。


20170327_2.JPG

女将の中田淳子さん


客室はもちろんオーシャンビュー。目の前の美しい海岸線と、どこまでも青く広がる海。時間とともに空が茜色に染まると、大きな夕陽が海のなかへ沈んでいきます。窓からの景色は見飽きることがなく、心が解放されるようです。部屋タイプは和室・和洋室に加え、温泉が満ちる露天風呂付きの客室もあり、最上階「The Ocean Romantic星空の歌」は2015年7月にリニューアル。専用ラウンジ付きの特別フロアで、広々とした和モダンの客室です。


20170327_3.JPG

20170327_5.JPG

源泉露天付き客室


20170327_6.JPG

客室からの夕景も心が和む


食事の前に、自慢の温泉へ。温泉は大浴場と露天風呂、貸切露天風呂があり、露天風呂からは目の前に広がる雄大な外房の海が一望できます。泉質はナトリウム・塩化物‐硫酸塩‐炭酸水素塩泉。筋肉疲労に効き、さらに女性に嬉しいアルカリ性の美肌の湯。潮騒を聞きながらの入浴は心と体のコリをほぐしてくれます。


20170327_7.JPG

露天風呂


夕食は鮑、伊勢海老、金目鯛などの房総の海の幸をたっぷり使った創作会席料理です。労を惜しまずきちんと手づくりされ、素材の味が際立つお料理ばかり。例えばこの日の鮑は田楽焼きで。鮑と粟麩の触感と、鮑の肝が入った味噌の風味が口の中で合わさり、海を感じる一品。伊勢海老はお造りと具足煮で楽しみ、金目鯛は柚子の香りをまとった焼物で。洋皿の蟹の霰揚げや上総牛の台の物もあり、飽きさせないコースになっています。夕食は基本は落ち着いた個室形式の食事処でいただきますが、小さなお子さんがいらっしゃるお客様など、希望により部屋食も可能です。


20170327_8.JPG20170327_9.JPG20170327_10.JPG20170327_11.JPG

海の幸、山の幸満載の夕食


この宿の楽しみは温泉とお食事だけではありません。夕食の時間の前後を使い、毎日ロビーで、音楽の演奏会が開かれます。私も夕食後、ほろ酔い気分でユーフォニアム(金管楽器)の演奏を楽しみました。演奏会ではお客様はみなさん、リラックス。芯から寛いでいる様子がわかります。この演奏会以外にも、手作りの宿周辺の案内状など、女将やスタッフのきめ細やかなもてなしを随所に感じます。


20170327_12.JPG

毎日開催される演奏会


またあの女将の笑顔に会いたい!と思わせる素敵な宿で、一度訪ねればすっかり家族のような気分にさせてくれるのです。「お客様と信頼関係が築ける宿にしたい」という女将の言葉が胸に響き、宿を出てからも温かい心がずっと続きました。宿中屋がある房総は、一年中温暖な地。鴨川シーワールドや日蓮ゆかりの誕生寺など、見どころも豊富です。青い空と海に囲まれる癒しの宿を訪ねてみてはいかがでしょうか。



(取材・執筆 関屋淳子)



宿中屋

千葉県鴨川市天津3287

℡.04-7094-1111

1泊2食付き1万9500円~(1室2名宿泊時ひとり)

ホームページはコチラ