会員登録はこちら!
HOME << おすすめ宿 << おすすめ宿レポート
おすすめ宿レポート
水明館
山あいに位置する日本三名泉・下呂温泉へ

兵庫の有馬温泉、群馬の草津温泉と並ぶ日本三名泉と称されるのが岐阜県の下呂温泉です。飛騨川を見下ろし、山々に抱かれるように位置する水明館は、設備の充実した温泉リゾート。旅恋がオススメする名旅館に取材に行ってきました。
 

名古屋駅からの直行バスなら便利

P8240704.jpg


東京方面から下呂温泉へ電車で向かうには、名古屋駅から発着する下呂温泉直行バスが便利です。乗車運賃は片道でも2,100円ですが、往復なら3,000円というのもうれしいところ(予約は水明館または下呂温泉旅館協同組合へ)。
休憩をはさんで約2時間半で下呂駅に到着。水明館へは下呂駅から徒歩3分ほどです。

P8230460.jpg
昭和8年の竣工当時の臨川閣


「館内ツアー」で芸術美と贅沢な空間を愛でる

私が水明館で楽しみにしていたのが、スタッフの案内による「館内ツアー」。広大な敷地内に、全室川に面した「臨川閣」、展望大浴場のある「飛泉閣」、室内温泉プールのある「山水閣」、落ちつきある離れ「青嵐荘」と、多くの宿泊棟があるので、水明館の全体像を把握するには館内ツアーは最適なのです。
ツアーに参加して驚いたのは、館内に点在する絵画や工芸品の数々。昭和7年の創業以来、初代より丹念に蒐集したものだそう。「本物」に対する思いの深さは、大宴会場や能舞台など、芸術の粋を集めたような建築美にも見られますので、館内ツアーに参加されてみてはいかがでしょうか。

panelimg.jpg
「館内ツアー」では数々の美術工芸品や建築美に出会える


川音が旅の時間の心地よさを誘う

私が泊まらせていただいたのが「臨川閣」。臨川閣の居心地のよさの要因をうかがったところ、「合成材ではなく、なるべく生木を使っているからでは?」とのこと。室内の建築材はもとより、源泉が注ぐ内風呂は高野槇の浴槽でもあるのです。
ここで、私のお気に入りの場所を発見! それは、飛騨川を見下ろすテラス。訪問日は近年まれにみる豪雨に見舞われた日だったため、あいにく川は濁っていましたが、それでも、ゆったりとしたテラスに置かれた椅子に座って川と街を眺めるだけで、心が徐々に落ちついていくのを実感できます。もちろん、いつもであれば、清流らしくすゞやかな川音を聞かせてくれることでしょう。
P8230469.jpg P8240572.jpg



旬を盛り込んだオリジナリティあふれる日本料理

料理茶屋「北乃寮」でいただいた夕食は、季節ごとの山、川、海の幸を存分に生かした料理。ひと皿ひと皿供されるごとに、お箸を進めるごとに、目にも舌にも喜びがあふれてきます。料理長自ら採りにいくという自生の山菜を使った山菜の握り、岐阜名物の飛騨牛焼き、鮎の塩焼きなど、ほどよいボリュームとヘルシーな味付けが女性に喜ばれているそう。料理長の遊び心?と驚いたのが「イチジクの揚げ出し」。火を通すことでイチジクの甘みが丸くなり、だし汁を吸った揚げた衣と果実の甘みが口の中に広がる美味なる一品でした。絶妙なタイミングで運ばれてくるサービスもうれしいですね。
食べ足りない方は、24時までオープンのバー「マローネ」やめん処「山里」へどうぞ。

ryori.jpg



下呂のやさしい湯に包まれるひととき

時代を超えて愛され続けてきた下呂温泉の湯は、天井、壁、柱など檜にこだわった「下留の湯」、温泉街を一望する「展望大浴場」、山間を吹きぬける風が心地よい野天風呂「観音の湯」(男性は「龍神の湯」)の3ヶ所ある温泉で楽しめます。下呂の湯は、まるで肌に吸いつくかのようなやさしい泉質。湯疲れもあまり感じないので、思わず何度でも入りたくなってしまいます。マッサージチェアや畳などのリラックススペースが用意されているところにも、宿のおもてなしの気持ちを感じられます。友達同士や家族でゆっくりしたい、という方には貸切温泉風呂が3ヶ所あります。

観音の湯 織部の湯
左)野天風呂「観音の湯(女性用)」 右)貸切温泉風呂「織部の湯」(1時間3,150円)


展望大浴場
広々とした展望大浴場


さらなる癒しと美を求めてサロンへ

「旅先でちょっと贅沢したいな」という女性はエステサロンへ。厳選したハーブのよもぎ蒸しやフェイシャルなどメニューもいろいろ。エステ+ランチ+温泉の日帰りプランは「温泉とエステでキレイになりたい!」という女性に特に人気が高いそうです。8,000円というリーズナブルなところもうれしいですね。男性にはリフレクソロジーがオススメですよ。

施術コーナー
エステサロン「サロン ド クレール」



何度も泊まりたくなる充実の施設

思い思いの過ごし方ができる水明館。ホームページには様々な宿泊プランが用意されていますが、初めて訪れる方はぜひ電話での予約を。自分に一番合った過ごし方をスタッフと相談しながら決めれば、水明館での滞在がより豊かな時間になるはず。
ラウンジ下段より昼 室内プール全体
左)日本庭園を眺められるティーラウンジ 右)25メートルコースが5レーンある室内温泉プール




P8240709.jpg

最後にひとつ。チェックアウトしてから温泉街を散策した後、水明館にある「欧風レストランバーデン バーデン」で頂いた、飛騨牛100%のハンバーガーがジューシーで大変おいしかったです! そして、私の隣りに座っていらした常連らしき方は、飛騨牛のカレーを絶賛してました。よかったらランチにいかがですか?




岐阜県・下呂温泉 水明館  
電話:0576-25-2800(宿泊予約・問い合わせ)
1泊2食付き1万6,000円~(2名で宿泊の際の1名料金・消費税込み/入湯税別)
ホームページは コチラ

(取材・執筆 塩見 有紀子)